椎間板ヘルニアは学生時代からの付き合いです

椎間板ヘルニアは学生時代からの付き合いです

ヘルニアの改善方法

もしかしたら、自分はこのままずっと腰が悪いままで、そのうち歩けなくなるのではないかと、とても不安です。
妻は、ヘルニアかも知れないので、一度病院へ行って診てもらったらどうかと言うのですが・・・。
妻の言うようにヘルニアだとしたら、足にもしびれが出て、それこそ一生治らないかも知れない訳で、その診断が下されるのが怖くて病院へ行けない部分もあります。

 

娘たちはそんな事はとっくに見透かしていますけれど、彼女たちは彼女たちなりに心配はしてくれているようです。
先日、病院が怖いのなら、鍼灸院や整体院へ行ってみたらどうかと娘に言われ、ようやくパソコンで、近所にいい所がないかと探し始めました。
さらに、自分にあった腰痛対策や改善方法が見付かればとも思い、そうしたブログやサイトも読んでいます。
ただ、もともとパソコンが苦手な方なので、30分もやっていると、余計に足が痛くなってしまいます。
それに、肩もこるので、毎日少しずつ気の向いた時に調べているという感じですね。
でも、まだ51歳ですし、早くこの足の痛みを治して、社会復帰したいので、何とかしたいと真剣に考えています。
まずは、椎間板ヘルニアを自分でも簡単にできるストレッチなどからはじめてみようと思っています。
間欠性跛行

首のヘルニアも辛かった

?一見華やかにも思えるブランドデザインの仕事ですが、それは肩凝りとの闘いです。
自分の才能とか気力とか粘り強さとか、そういうものとの戦いも重要ですが、現在の私の敵はまず「ヘルニア」。
仕事をしていると腕が痛くがパンパンに張って、いくら揉んでも元に戻らなくなります。
これが辛くて、最近では仕事に集中することができていません。

 

今更ながら、腕の痛みこんなに辛いものだったなんて思いませんでした。
肩凝りが酷くて片頭痛がする様になってから、体調もよくありません。
定期的にマッサージに通っていますが、あまり効果はない様です。
いつも片頭痛を抱えている状況で、いつまでデザイナーとしてやっていけるのか、とても不安です。運動をすればいいと言われたことがありますが、運動をする時間もありません。肩凝りのせいでただでさえ仕事への集中力がなくなってきてるのに・・・どうすればいいのでしょうか。
このままずっと肩凝りと腕の痛みと一緒に生きていかなければならないのかと思うと、涙が出そうです。

3〜4人に1人が尿もれに悩んでいる

昔と違って最近は、女性の医師も増えているので、恥ずかしがらず、女性の尿もれの治療を受けることです。
アメリカのTV CMや雑誌広告では、女性の尿漏れナプキンの宣伝が盛んにおこなわれていて、評判になっています。
50代半ば位の女性が、主人とダンスを踊りながら、もうこれで心配ないという尿もれのCMです。

 

尿もれで悩んでいるアメリカ人は、なんと1300万人にものぼると言われていて、そのうち80%は女性です。
女性の場合、出産経験があれば20代で40%、30代では50%もの人が、尿もれになると言われています。
また、更年期以降、尿もれになる人の数は激増すると言われていて、かなりの数に達しています。

 

日本では、男性の尿漏れに関しては、アメリカほどオープンではなく、ひそかに悩んでいる女性が大半です。
日本女性の場合でも、3〜4人に1人が、尿もれに悩んでいる実態があり、これは由々しき問題です。
実際、産後の尿もれに悩んでいる人はたくさんいて、おなかにちょっとでも圧力がかかると、尿がもれてしまいます。

トイレが近いというのは頻尿である

トイレが近いというのは、要するに頻尿である事を指します。
頻尿というのは、トイレが近い状態を指す言葉であるのと同時に症状を指す言葉でもあります。
主な症状はトイレが近い事で、それ以外に何か困るような事はありません。
とは言ってもトイレが近い事は放置できるような話ではなく、可能であれば一日も早い改善が求められます。
家にいる時ならトイレが近いのは別に大した問題ではありませんが、日常生活においてこれが困るシーンは多々あります。
仕事にしてもプライベートにしても、トイレが近い状況はなるべく起きない事が望ましいのです。

 

 

因みに、体のどこかに異変がある結果としてトイレが近い状況に陥っている場合と何らかの作用によって一時的にそうなっている場合があります。
たとえば膀胱炎のようなことでおきることもあります。
トイレが近いというのは、何となく起きる現象ではなくハッキリとどこかに原因が潜んでいます。
まず考えられる原因としては、膀胱炎の血尿で内部に異常があり、基本的に水分の過剰摂取でしょう。
水分といっても全てを水から摂取している訳ではなく、あらゆる飲み物や食べ物から摂取され総合的な量が多ければトイレが近いのも納得です。
一日に必要とされる水分の摂取量そのものはかなり多いのですが、水を飲み過ぎるような事がなければトイレが近いと感じる事もないでしょう。

手首の腱鞘炎になると仕事の効率がガタ落ち

元々いかり肩のため肩こりになりやすいタイプでしたが、ハウジングアドバイザーになってからは、さらに腱鞘炎にも悩まされるようになりました。
ハウジングアドバイザーは、パソコンで住宅の図面作成を行うのですが、忙しい時は1日に10個以上製作することもあります。

 

そのような時に手首の腱鞘炎になると仕事の効率がガタ落ちですし、仕事だけじゃなく日常生活でも動きが鈍くなります。
セレコックス、ゼスダックなどの薬で抑えても、パソコンを使えばすぐに再発してしまうので、薬を使わず腱鞘炎を治す方法を探していました。

 

そんな時、「上田式腱鞘炎解消プログラム」を実践している方のブログを読み、手首の腱鞘炎を薬で抑えず、整体によって改善するという方法に興味を持ちました。
整体と言っても直接整体師のもとに通う必要はなく、DVDを見ながら一人で簡単に行うことができます。

 

プログラムを初めた頃は、よほど身体が歪んでいたのか、動くたびに骨格の歪みが矯正されるようでした。
しばらく続けていると、以前よりも肩の角度が緩やかになり、いかり肩が治っていることに気付きました。
その頃から、頻繁に発症していた手首の腱鞘炎も起こらなくなり、長時間パソコンをしても苦にならなくなりました。

パニック障害の症状に陥りやすい人

うつ病もパニック障害の症状と同様、脳内のセロトニンの働きの低下が関係していると言われています。
うつ病になると、憂うつで気分が沈むなどの症状があらわれますが、これはパニック障害の症状とよく似ています。
こうした症状の他、気になるパニック障害の症状があらわれた時は、すぐに医師または薬剤師に相談する必要があります。
大体、パニック障害の患者の身体を触ると、身体全体が硬直していて、筋肉が締まっている傾向にあります。

 

パニック障害の症状を呈する人は、緊張していて、普通の人のように、ゆったりとした感じがありません。
24時間緊張した身体で過ごしているのがパニック障害の患者の特徴で、そうした身体の状態が長時間続くと、様々な症状が現れるのです。
常に精神が緊迫した状態にあるので、その状態に身体が耐えきれないようになって、パニック障害になってしまうのです。
そうなると、様々なパニック障害の症状が現れてきますが、その原因として考えられるのは、緊張した身体にあります。
特徴として、首筋、肩、後頭部や背中の酷い硬直がパニック障害患者にはあり、特に肩から首筋の不定愁訴の凝りが酷いです。
パニック障害の症状に陥りやすい人は、呼吸が浅いという特徴もあり、呼吸が浅いとリラックス状態を作り出せません。

会社の契約社員の方の異常な口臭

私自身も口臭があるので悩んではいるのですがもっと悩んでいるのは仕事をする時に一緒に作業をする契約社員の方の口臭です。
年齢にしては異常に臭いのですが仕事場がとても騒音がする環境の為に大きな声で会話しなければいけないのでその度に会話と共に強烈な臭いが来てしまうのでとても辛いです。
口が臭いことは本人は自覚はしているとは思うのですがやはり私も口臭が少しはあるので実際に指摘されてしまったりすると気分的には良くありません。

 

仕事中であれば一緒に頑張って作業をしているだけに本当の事でも指摘をするわけにもいかないので我慢をしています。
会話をした時に臭いを避けるために顔を背けたり距離をおいたりするしぐさも相手に勘付かれてしまうので面と向かって耐えています。
その為に私は少しでも相手の口臭を紛らわそうと思っています。
冬場であれば インフルエンザ防止の為にマスクを着用しても怪しまれないので随時マスクを着用する事で殆ど臭いをカットする事ができます。

 

しかし夏場はその手段は怪しまれてしまうので私はその方に休憩時間にガムを差し入れたり喉飴をあげたりしています。
ガムを噛むだけでも少しは口臭がマシになるので臭いを感じたとしてもとっさに顔に出たり体が反応する事がなくなるからです。
でも長い間は持たないので効果がなくなった時はやはり我慢をしなければいけなくなります。
できれば対策をして欲しいとは思うのですが本当の事でも言えないので早くマスクが装着できる冬が来て欲しいと願っています。

椎間板ヘルニア


ホーム RSS購読 サイトマップ